ホーム > 生活習慣病について

生活習慣病について

生活習慣病ってどんな病気?

生活習慣病ってどんな病気?

生活習慣病の一般的なイメージは??
●高脂血症
●高血圧
●糖尿病などが代表的な病気としてあげられます。

生活習慣病が引き起こす病気は??
●動脈硬化
●虚血性心疾患
●脳血管障害
この他にも、骨粗鬆症や歯周病、がんなど、非常に多くの病気が生活習慣病としてあげられています。

以前は“成人病”と言われており、食生活、運動不足、喫煙などのバランスの悪い生活習慣とされておりましたが、
今では“生活習慣病”と呼ばれています。これらの生活習慣を改善することで多くの病気を未然に予防することができます。

予防(健康診断で身体のチェック)が大事です。

こんな時はすぐに検査!

どうしたらいいの?

まずは、日常生活の改善です。
食生活や睡眠時間など日常生活での環境を改善してあげることで、身体を正常化していきましょう。
では、生活習慣病の原因となる“誤った生活習慣”、“危険な生活習慣”とは、具体的にはどのようなことでしょうか?

食生活

バランスの悪い食生活。
カロリーの取り過ぎは、肥満、高脂血症や糖尿病などを引き起こします。
また、塩分の多く含む食事も高血圧の原因ともなりますので、食事は“薄味、栄養バランス、適度な量”を心掛けましょう。
越谷ハートフルクリニックでは管理栄養士による保健指導もおこなっておりますのでお任せ下さい。

運動不足

肥満になることで、高脂血症、高血圧、糖尿病などの原因となります。
日常生活の中での適度な運動を習慣づけ、肥満の解消に努めましょう。

ストレス

ストレス病気を呼び込む原因となります。
ストレスによる睡眠障害や胃・十二指腸潰瘍、自律神経や免疫系の異常などさまざまな病気を引き起こします。
無理をせず適度な休息、自分の好きなこと(趣味)を楽しむことなどで、ストレスをうまく解消しましょう。

喫煙

タバコは百害あって一利なし。喫煙者は非喫煙者に比べ血液の流れが悪かったり血圧を上昇、動脈硬化や心臓病の進行、呼吸器疾患やがん、骨粗鬆症などの引き起こすことがわかっています。禁煙を心掛けましょう。
越谷ハートフルクリニックでは禁煙外来の治療も行っております。

飲酒

お酒は適度に!飲みすぎてしまうと肝臓にダメージを与え、脂肪肝や肝炎の原因を作る。
その他には、膵炎や高尿酸血症なども引き起こすこともあります。

お問い合わせ